--.--.-- スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.07 MH小説『炎の山の狩人たち』vol.23
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
小説更新~~~!!!
どうもお待たせしました><

そういえば今日は7月7日、七夕ですか!!

手短かですが、続きから本編へ^^

では、続き書いてきますね~~~!!!

P.S 読んでいただいた方、コメントか
ランクリしていただくと嬉しいです!!!><




Chapter4-1『謹慎解除!』


ミュトシア歴631年、4月11日。


ジンが目を覚ましたときには、まだ朝日は昇っていなかった。

ジンはどことなくに落ち着かず、朝の5時には目が覚めていたのだ。

今日は、ジン、ソゥ、そしてゴーストの20日間謹慎処分が解除される日なのだ。

「長かった・・・!やっとまた狩りができる。」ジンの青鈍色の目は、活気に満ち溢れている。

この20日間やることのなかったジンは、ほぼ毎日集会所に通い、クエストをあさっていた。

そして、よいクエストを見つけてはそれが受注されていく度に、失意の念が積み重なっていった。

その虚しさも今日からは味あわなくてすむ、そう思うと早く起きてしまうのも当然だった。


ジンは、窓を開けた。

雨露に濡れて輝く青々とした若葉が、春風に揺られて雫を落とす。

「いつのまにか春が来てたな・・・なぁ、レンコ?」

「クロロロロロ・・・」そうだねぇと答えるように、レンゴクネコメガエルは1つ鳴いた。

「そうだ。朝飯でも食うか。」ジンは窓から身を乗り出した。

レイとゼロは、まだ寝ているようだった。

「当然か・・・まだ5時だもんな・・・」ジンは壁にかけた時計を見て言う。

ジンは久しぶりに、自分で食事を作った。

ジンの母親が死んでから、最近までジンは独りで生活することが多かった。

それゆえ、自分の食事を自分で作ることは勿論、たいていのことは自分でこなせるようになった。



防具を着替え、ジンは集会所に向かった。

謹慎中も通っていた集会所も、どこか懐かしさを覚えるほどだった。

中を見渡すと、レビィが眠そうな目でカウンターに座っている。

「レビィ、おはよう。」

「あ・・・ジン。早いね・・・」2人の会話は短かった。

レビィは眠たそうに、ジンはそれを理解してできるだけ短く済ませた。

その足でクエストボードに向かったジンは、その中でもひと際地味な紙を手にした。

「森と丘か。久しぶりに行ってみてもいいな。」

ジンは勢いよくカードを剥がし取ると、レビィのほうを見た。

「それね~・・・こっち持ってきて・・・ふぁ・・・」

レビィはあくびを1つしながら小さい声で言った。



それから2時間ほどが経った。

ジンはその間、トレジィと呼ばれるトレジャーの達人らと世間話をしていた。

いつの間にか朝日も昇り、窓の外は明るくなっていた。

ギィ・・・という音が鳴り、集会所の扉が開く。

「ジン、今日から復帰じゃねーか」ゼロの低めの声が、ジンにははっきりと聞こえた。

ゼロの後ろには、レイ、ソゥが立っていた。

「あぁ、やっとだ。」ジンは自分の肩をなでながら言った。

「そのカードは?」ゼロは、ジンの手元を指差した。

「あぁ、森と丘の火竜討伐だ。久々だし、腕慣らしに、な。」

「それじゃそれで決定だな!俺たち丁度4人だし・・・」ゼロが後ろにいるレイとソゥを見て言う。

「俺も久しぶりだから、緊張しちまいますね!!」

そう言ったソゥの背には、鬼斬破と呼ばれる太刀が担がれていた。

「はは・・・お手柔らかに」ジンは目を細めて笑った。



森と丘は、ボルカ村から北東に2時間、馬車で進んだ先にあった。

ジンは、ハンターとしての修行を始めた頃、よく父に連れられここへ来たことがあった。

見通しの良い開けた地形に、穏やかな気候。

駆け出しのハンターも勿論、熟練ハンターもよく利用する場所だ。


馬車から降りるなり、ゼロがジンに話しかけた。

「ジン、お前は知らないとは思うけどな―――」ジンは何が?という顔をする。

「―――こういう手配書が出回ってるんだ。ハンターのな。」

そう言いながら、ゼロはポーチから1枚の紙を取り出した。

「これは・・・掟破りのハンターか・・・。」


そこに書かれていたハンター、ブレオ・ヴァンヴォルフ。

ボルカ村のハンターだが、ジンは面識がなかった。


「偽名を使って数々の掟に反した行為、他のハンターのクエストに割り込んだりもしているらしい。」

ゼロの言いたいことは解った。

「そいつのせいで被害が出る可能性も無くはない、ってことだな?」

ジンはゼロの顔を見た。

「まぁ、無くはねぇってだけで、可能性は低いんだけど、一応な。」

ゼロはそう言いながら、支給品ボックスのほうへ歩いていった。



キャンプを抜けると、清々しいそよ風が心地よい音を立てた。

「くぁ~~~~~~~・・・!!気持ちいね~!」レイは、大きく伸びをした。

草がそよ風に揺られ、春の暖かい陽気はどこか懐かしさを覚えさせた。


「おい、さっそく探そう。」

ジンはポーチから地図を取り出した。

森と丘と俗称される地域は、キャンプを除き13のフィールドで構成される。

地図にはそれぞれのフィールドに番号がふられている。

「二手に分かれて探そう。俺とソゥは2から3を通り、4に向かう。」

ジンの指先が、地図上のルートをなぞる。

「ゼロとレイは、森のほう、9番を探してくれ。」

「わかった!それじゃ、4番で落ち合うことにしねぇか?」

ゼロもまた、地図の“4”と書かれた場所を指差す。

「火竜が見つからないときは、俺たちのほうに来てくれ。

俺たちも同じような状況のときはそっちへ向かう。」

ジンはそう言うと立ち上がり、空を仰いだ。


青空の中に、火竜の小さな影が見えた。


1日1回ランクリ宜しくですm(_ _)m

Chapter4-2『空の王者』に続く
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://browersfestival.blog97.fc2.com/tb.php/84-78d589a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。