--.--.-- スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.16 自作小説『Gunpowder Xmas』 02
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
自作小説『Gunpowder Xmas』 02。
書いててたまによくワカランくなるほど、即興で書いてます。
でも大体の流れはあるので多分大丈夫。




02 置手紙



「よう、お前。名前、何ってんだ?」

「え…あ、日下部 宗一って言います。」

「へぇ~っ!ソーイチか。俺はタクミってんだ。タクミ・セイルダード。」

セイルダード?ハーフか、日系なのか?

彼は青い目と赤混じりの髪をしていたが、流暢な日本語はそれを感じさせなかった。

「あの人が、元自衛軍にして義勇軍3番隊リーダー、ミヤギさんだ。」

「タクミさんに、ミヤギさん…ですね。」

「よせやい、オレとお前、そんなに歳離れてないだろう?オレはまだ17だ。タクミでいいぜ!」

年下ということに驚く。それでもよく見れば、灰まみれの頭を振った彼は年齢相応の幼さが残っていた。

「―――あと、タメ語でいいぜ。ウチの決まりなんだ。上下関係はいらねぇ。皆、志を共にした仲間だからな。」

「あ、はい。」

「そこは『おう!』とか『わかった』でいいんだよ、ソーイチ!」

「お、おう!ってか、こんな簡単に義勇軍に入っていいの?」

「皆、今の仲間はミヤギさん以外、お前と同じ『元一般人』なんだよ!」

「………」

複雑だった。


こうして僕は1ヶ月ほど前の『一大学生』から、今や『一義勇軍兵』になってしまった。

銃の扱いどころか、銃なんて触ったことも無い代物だった。

どうせ死ぬ命、抗う本能が義勇軍に入って戦うことを選んだのかもしれない。


複雑だった。


以前より先の見えない未来に、ただ永い夢を見ている気がした。


「お、ソーイチ、いいもん持ってんじゃん。よこせよ!」

「あ…ちょっとその中は…!」

タクミが、唯一の収穫物、コンビニの袋をあさる。

「お、少年ホリデー………あ!エロ本じゃねぇ?コレ!!」

「ちょっ…それは偶然ってか、なんつーか」

「真面目そうなツラして、エロいなぁ!」

タクミの声が崩れかけた建物中に響いたせいか、何人もの義勇軍の連中が集まってくる。

「なんだ?タクミ、良い戦利品でもあったのかよ?」「おいおいおい、いろんなモンあるじゃん!」

連中は口々に騒ぎ立てる。

「へへ。コイツ、この新入りが持ってたんだよ!言っとくけどオレのだからな、このエロ本は!

「コイツ、誰だよ?新入り?」

光を反射するタイプのサングラスをかけた男が僕ではなく、タクミに訊く。

「あぁ。皆仲良くしてやってくれ!今さっき仲間になった、ソーイチだ!」

どう見ても年上の連中に、馴れ馴れしく物怖じもせず、そして媚びることなく話すタクミ。

不思議な友情というか、連帯感みたいなものは確かにあった。

ただ、先程この目で見たはずなのにまだこの連中が『人を殺す』ということが疑問だった。



気づけば、西の空は紅く染まっていた。

長い一日が終わった。



長い眠りから醒めると、やはりそこは昨日と同じ廃墟の中だった。

周りを見渡しても、誰もいない。

タクヤも、ミヤギさんも、義勇軍の気配は全く感じられなかった。

「もう、取り残された・・・?」

何故か異様な空虚感に襲われたが、予想に反し彼らは律儀に置手紙をしていた。


「ソーイチ、今日は探索に行ってくる。起きるの遅いから、置いてくぞ。ここはスクランブルかけてあるから、離れても大丈夫だ。そこらをウロチョロしてもいいべ。くれぐれも死なないようにな  タクヤ」

スクランブル?偽装みたいなものだとは思うが、何一つ彼らから専門用語を学んでいない僕には、今だその意味は解らなかった。

「ま、ここに書いてる通りにさせてもらうか。とりあえず家に・・・?」


家。

皆はどうしただろう。

家族は、友人は、皆はいまどうしてるだろう。

忘れていたわけではない。


―――とりあえず家に・・・!


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://browersfestival.blog97.fc2.com/tb.php/225-db07f154
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。