--.--.-- スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.01.12 MH小説『炎の山の狩人たち』vol.59
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
楽園とは、神の在らんところの名。

黒き闇の煉獄は鳴神によって支配された。

そう、この場こそが今、楽園となったのだ。


もうお昼か・・・

小説です。読んでくださいよろしければ。

最近なんかゲームやろうと思うんですがオススメありますかね?


では続きから。




Last Chapter9-6『神は最凶』




ジンが身に着けたシルバーソルと呼ばれる防具は高性能だった。

いまだその輝きを失うことのない銀火竜の甲殻を纏った全身は、見た目の刺々しさの中に銀の王を宿らせていた。

伝説の銀火竜を倒したものは、その防具を身に着けることで万物の急所を見抜く眼力と、それを適格に斬る能力を手にするという。


「伝説の防具でも、流石に火山の暑さだけは防げないな。」

ジンは頭に付けられたバイザーを上げ、汗をふき取る。

弱音に似た文句に対し、答えたのはゼロだった。

「そりゃ、火竜は暑い所にはあんまり出てこないからじゃねェか?」

彼は素のままの赤と黒を基調とした防具、モノブロスの甲殻に身を包む。

これもまた至高の防具であり、ハンマーを振るうものにはこの防具が持つ『膂力を飛躍上昇させる』能力は魅力的だった。

小細工は、ハンマーには無用だ。それがゼロの出した答えだった。

「あ・・・・っ」

ソゥが何かを見つける。と、同時に起こる束の間の静寂。


敵だ。


大きい。


金獅子という名を持つ割にその毛並みは黒い。

こちらを待ち構えていたかのように、ひとつ鳴いた。

耳を塞ぐほどではない。しかしその声はジンたちの耳にはっきりと残った。

「火山が・・・鳴いてるみたいだな」


続いて落ちる雷。

激しい眩い光が落ちると同時に、暗転。

ジンは目を開ける。気絶から醒めたように、意識ははっきりしてはいたものの視界は混濁していた。

音は無かった。気配も無かった。

目の前には、金色のものが立っていた。

「・・・・・・・・・・・」

全員、動くことが出来ない。しかし、金獅子も動こうとはしない。溢れ出す覇気が、そう感じさせていた。

ジンは、敵がここまで近づいて、刃を交わす距離になってやっと気がついた。

敵は、金獅子はあまりにも巨大だった。

あくまで彼の目測に過ぎないが、ジンが以前見たゼロの討伐記録に記された数字とは桁が違う。

震える指。火山の熱の中でいつの間にか冷え切っていた。

口にはすで血の味が広がっていた。ジンは血が出るほどにした唇を噛み締めていた。


流れ続ける脂汗を蹴り、ジンはゆっくりとその指を柄に掛ける。

「ヒュッ」

息を噴出す。それと同時に放たれる一閃。

この一撃が当たるか、それともかわされるか。それがジンにとっての最大の懸けであり、命運を決する一撃だと思っていた。


しかし


見事空を切った太刀は、そのまま深く土を割った。


震える。一気に恐怖と不安がジンやソゥを襲う。

ソゥやゼロ、ましてやジンですら視認出来ないほどのジンの一太刀は、それ以上のスピードを以って避けられたのだ。

「神・・・か・・・・・」


ラージャン。金獅子と呼ばれ、王と呼ばれる存在。

目の前の敵は、そのさらに遥か上をいっている。

言わば、神だ。

そう、まさしく神だった。

絶対的な存在。あらゆる万物の上に立った、ただひとつの存在。


震えが止まらない。それが当たり前だった。

雷鳴のように飛んだそれは、先程立っていた場所に戻っていたのだ。

「こ・・・」

こんなの、倒せるかよ。ソゥはそう言おうとしていた。声すら出ない。



もう一度、咆哮。今度は先程とは比にならぬ大きさだ。

それは雷を呼び寄せた。金獅子を囲うように落雷、そして一直線にジンたちを襲う。

「来るぞ!!!」

全員が同時に飛ぶ。足元は消失、わずかにでも遅れれば、彼らが消滅していただろう。

「うおおぉおぉぉ!!」

着地を反動にし、そのまま走る。

ジンの全体重をかけた太刀は金獅子の腕に食い込む。

手ごたえはある。しかし、出血は無い。

銀火竜の魂を纏い心眼を得たジンの太刀ですら、“神”に太刀を浴びせることは出来ない。

金獅子は腕を振る。ただ、腕に止まった蚊を振り払うように。

そして腕に止まった蚊は、数十メートルを飛ばされる。

「ぐあぁっ!!」

「ジン!!」「ジンさん!」

「く、来るな!!大丈夫だ・・・お前らも気をつけろ・・・」

辛うじて後ろに飛んでいたおかげで衝撃を緩和し、ジンの怪我は無かった。


ジンから目を離し、金獅子を見やる3人。同時に武器を出す。

ゼロはハンマーを、ゴーストは双剣を。

そしてジンと同じ太刀を、正面に構えたのはソゥ。


敵、金獅子と正対してから20分。

4人は刃を露わにし、戦いはやっと始まったようだった。



Last Chaoter9-7『帰還する救世主』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://browersfestival.blog97.fc2.com/tb.php/195-48af8202
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。