--.--.-- スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.27 MH小説『炎の山の狩人たち』vol.41
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
ジャンプ読みに行くので手短に。

今回も長いので注意w
んで今回でChapter6終了。

TOP記事等を弄るのは後日と言うことで。ご了承のほどを。

そんじゃ読んでくだちい。

FC2 Blog Ranking
押してくだちい




Chapter6-6『高み』



キョウが目を開く。

「来るぜ・・・それも2匹だな。」

「2匹か~。ジン君とソゥ君、手伝ってもらえるかな?」

「あ、あぁ・・・」

キョウの言ったとおりだった。青い体が2つ。地面を割って現れる。

「それじゃそっち、お願いなぁ。」

クラインの言葉を聞き、ジンとソゥは頷く。2人はそれと同時に太刀を抜いた。


思いのほか、戦いにくい。

膝下辺りまで水に浸かっているだけで、いつもとこれほど違うのか。

この雨水に浸かってみて、足を取られ、ジンは初めて気が付いた。

それも狭い。壁際に行けば、ただでさえ範囲の広い鎌蟹の攻撃は避けづらいだろう。


「はっはぁ―――――!!おっほ―――――――!!!」

キョウはなにやら奇声を上げている。

ジンとはまた違った、“狩りになると性格が変わるタイプ”らしい。

クラインはほとんど動かずに定位置から矢を放っている。


強い。この強さは上位クラスに部類される。

ソゥは勿論、ジンもまだ上位クエストの受注は許可されていない。

下位とは格が違う。甲殻の厚さ、鋏の鋭さ、何をとっても。


「うあ・・・っ!!」

ソゥの体が宙に浮いた。石ころが投げられたように。

ソゥの太刀が弾かれたのだ。ソゥの太刀の切れ味、そして技術では弾かれるのも当たり前だ。

「大丈夫?」

ソゥが立ち上がりざま、上を見上げると、弓を構えたクラインが立っている。

ソゥはそれほどまで飛ばされていたのだ。

「やっぱウチらで片付けようか?2人はまだ上位入ってないんやろ?無理あったかなぁ」

この言葉が、ソゥ、そしてその師匠であり仲間でもあるジンの闘争心に火をつけた。

ジンの、面倒臭がりで負けず嫌いな性格は、ソゥにもうつっていたらしい。

悪気の無いクラインの発言に、ソゥは赤くなりながら太刀を握った。


「うおおぉぉぉおぉ!!ヘルブラザーズになんか負けねぇぞ!!」

自分の標的は先程の鎌蟹。

洞窟の端から端まで飛ばされたソゥは、その距離を走る。

水に、ぬかるんだ土に足をとられることは気にしない。

そのまま、太刀の軌道は半円を描き、そして鎌蟹の鋏にぶつかる。

火花とともに、鋏と太刀が砕ける。

勢いあまって足をもつれさせるソゥ。

ベシャッ、という格好の悪い音が洞窟に響いた。


「ぷっ・・・はっはっはっは!!はははははは」

戦いそっちのけで笑い転げるキョウ、その傍らではクラインも爆笑していた。

「だ、大丈夫?ソゥ君・・・あっははははは!!」

ソゥは先ほどよりもずっと顔を赤らめる。

水と泥でまみれたその顔を見ると、キョウとクラインはさらに笑った。


しかし、その笑いは突然止まる。

キョウの背後から襲い掛かる青い影。

キョウの右腕が、地面についていた剣を軽々と振る。そのまま振りきり、鎌蟹はキョウの前に倒れる。

「けっ、空気壊してんじゃねぇよ・・・!!」

ジンはキョウの腕、そして目を見て体が動かなくなった。

なにか、獣か魔物に相対しているような感覚。


これがロード・オブ・ハンターの威圧か。


鎌蟹の気配、殺気を感じたが、それ以上の“力”に体は動かなかった。

そんなジンの頬を少しも離れていないところに、矢が通った。

何かから空気が抜けるような、もしくはハープか何かの弦楽器が奏でられるような音。

矢は鎌蟹の脳天を射抜き、命をも射抜ききった。

ジンは我に返り、クラインのほうを見る。

キョウほどの威圧感、というか殺気のようなものは無いにしろ、その目はやはり他のハンターを抜くものがあった。

その目が元のように優しくなり、ジンはようやく安堵に息を落ち着かせた。



「そうなんや。なら、ユウカさんはあの時、亡くなってもぉたんやね・・・」

「あぁ、俺の太刀は親父に教わったんだが、親父も大怪我して今はハンターも辞めた。」

「ジンさんのお父さんは今、訓練所で太刀の講師やってるんですよ!」

「ふぅ~ん。ウチが弓選んだんは、ユウカさんが弓使ってたからやで。」

「そういえば、その弓は珍しいな。なんて弓なんだ?」

ジンが指差した弓が、クラインの背中から手元まで運ばれる。

「これ?そりゃ珍しいわ。これ、奏でる鋼の弓って書いて『奏鋼弓ステレヴァンティア』って呼んでる。

 ウチがロードになったときに、その殊勲か何かで作ってもろたんよ。」

暗がりでも銀灰色に輝く流線型の鋼に、青いつる草か何かのような装飾。

雪山の月明かりがそのまま写された雪のように、ほのかに輝いている。


「そう言えば、さっきから言ってるロードとかロード・オブ・ハンターって何すか?いったい・・」

「あぁ、ソゥ。お前にはまだ早い話かもしれないが、ハンターはその功績が称えられたら称号をもらえるだろう?」

はい、とソゥは頷く。

「その中でも、一般のハンターに与えられる称号のうち、一番高位にあるものが『ロード・オブ・ハンター』だ。」

「ハンターの道・・・?」

「いや、綴りが違う。道はROAD、こっちはLORD。支配者とかそういう意味だ。」

なるほど、と言うようにソゥはわざとらしくリアクションをとって見せた。

「ハンターの支配者、覇者かぁ・・・いい響きっすねぇ~!」

ソゥの口から奇妙な笑いがこぼれる。

ジンはため息をひとつついて、続ける。

「俺も、専用の武器まで貰えるとは知らなかったがな。まぁ、お前は勿論俺でも一生かかっても無理かもな。」

「あ、武器だけやなくて防具も作ってくれるんで。ウチらはまだ作ってもらってないけど。」

ジンは思った。上半身裸で防具も着けず戦うハンターに、優れた防具は必要なのだろうか。



「ほぁ――――・・・お、俺決めました!!ジンさん、俺たちでロード・オブ・ハンターになりましょう!!」

ソゥは目を輝かせて言う。

「へっ・・・甘い。甘すぎる。ハンターなめてんのか?」

すかさず反論したのはキョウだった。

「・・・・っ!絶対なれますよ!!絶対になってみせる!!今は力も技術も未熟でも・・・・」

「絶対・・・絶対なんて言葉はねぇ。

 万人に訪れる絶対は、生を受けて生まれ行くことと、死をもたらされて死ぬことしかないんだよ。」

それは幾度もの人の死、そして自分と竜との命のやり取りを経て出した、キョウなりの答。

「・・・・・・・で、でも!絶対とは言えないかも知れないけど!俺は無理かもしれないけど、ジンさんなら・・・」

その言葉を聞くなり、キョウは舌打ちをする。

「へっ・・別に、なれねぇって言ったわけじゃねぇ。ハンデ背負った俺やクラインでもなれるんだよ。」

ジンは何も言うことが出来なかった。

確かにソゥの夢、目標は自分にとっても、どのハンターにとっても最後に行き着く夢だった。

それが今の自分には大きすぎることも十二分に理解している。

ハンデを背負いながらその夢を達成したなら俺たちもなれる、という意味ではない。

このロード・オブ・ハンター、キョウやクラインが血の滲む様な努力をしたことが、今やっと分かったように気がした。


「ったく、こんなこと俺に言わせんなよ・・・!」

キョウは照れくさそうに立ち上がる。

「雨はこれからもっと強くなる。お前らも早く帰れよ。」

そういうと、クラインの腕を引っ張り早々と洞窟を出て行ってしまった。



アラクアに帰ると、集会所にはギルドマスターと先のアイルーの姿。

「2人とも、お帰り~。」

ギルドマスターの息は、相変わらず酒臭い。

「今さっき、このネコさんから、救出が依頼として出されてねぇ。

 でもあなたたち、もう完遂しちゃった?もしかして」

最後の秘宝、瓶のようなモノを差し出し、ジンは黙って頷く。

「それじゃ、これ。少ないけど。お礼らしいわよ。」

うふふ、と、ギルドマスターは酔っ払っているのに上品そうに笑う。

ギルドマスターの手には、アイルー族の紙幣と、必死で集めたのだろう、少ない小銭が光っていた。


Chapter7-1『昇格試験の日』へ続く
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://browersfestival.blog97.fc2.com/tb.php/137-f2a2c6fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。