--.--.-- スポンサーサイト
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.09 MH小説『炎の山の狩人たち』vol.34
FC2 Blog Ranking
押してくだちい
゚_つ゚)ノふぃ~す エロフマンElfmanです

小説更新ですね。今からでも遅くないので皆さん是非まだの方も読んでみてなw

おまけ。Elfmanの生活習慣~~~

6時:起床。走る。飯食う。
12時まで:パソコンするか寝るか勉強するかなんかする(なんだ
12時:飯を作って食う。
17時まで;勉強か外遊びに行くか昼寝か。
19時半:飯
22時まで:風呂はいったりテレビ見たり(今はテレビ自分の部屋に無いです(´・ω・`)
24~25時半:寝る。

キモッなにこのキモチワルイ生活;;;;;;;;;;;;;マジ引くんですけど;;;;;;
てか結局のところ一日何してるか具体的にわかんねぇよ

そいじゃ小説はReadmoreからなのか?そうじゃないのか?それともそうか?そうしとくか?




Chapter5-5『珍種・苦戦の雪山』



ジンは雪に埋もれた左足を両手で引き抜いた。

これだけ足を取られるというのなら、この吹雪はまだ始まって間も無いのだろう。

それは吹雪の中での戦いを強いられたことを暗示していた。


ジンは口の中で舌を動かしてみる。

鉄が錆びたような味が舌に伝わる。

どうやら先程吹き飛ばされたときに口の中を切ったようだ。

しょっちゅう味わっているはずなのに、ジンは吐き気のするようなこの味が嫌いだった。


「・・・・・助かった、ゴースト。」

来るぞ、とでも言うように、ゴーストは双剣に手を伸ばす。

ふっ、とジンも息を整え、得物を真っ直ぐ構える。

「へへっ・・・」

ゼロは少し赤くなった鼻を擦りながら、2人の隣へ歩み寄った。


雪が敷かれた地面砕かれる。

吹雪によって、砕かれた地面はすぐに隠れて元通りになってしまった。

「皆、動くな・・・!」

ジンは皆を制し、自分も動きを止める。


ゴゴゴゴゴ・・・ゴゴゴゴ・・・・・


地中をうごめく存在が、足の裏から微かに感じ取られる。

近づいてきた気配がジンの真下へ来たとき、コッ・・コッ・・と、合図の如く地が震えた。

ジンは肩をぴくりとも震わすことなく、背の巨大な得物を引き抜く。

1歩半下がり、刀は引き抜きと同じ軌跡を描く。


その刹那、ジンの鼻先をタイロウヤザミの鎌の右腕がかすめた。


太刀ほどもあるタイロウヤザミの角が斬り落とされ、青い血が雪に落ちる。

それがタイロウヤザミの逆鱗に触れることとなったようだ。

泡を口から吹き出すタイロウヤザミから、ジンは距離を十分にとった。

「お前やっぱすげぇな!!本気になっちまったんじゃねぇの?」

「お返しだ・・・」

ゼロのからかい染みた言葉に、ジンは笑いながら返答する、が、その目は確かに本気だった。


またもや1発、2発と雪塊が飛ばされる。

しかしそれも難なくかわし、次第に距離を詰めてゆくジン、ゼロ、ゴーストの3人。

レイの放った矢はジンにも目で追えないほどの加速をしながら、

タイロウヤザミの堅甲な左腕に刺さる。

が、甲殻を貫くことができないほどの堅さだった。


ジンの相手は刀のような右腕だった。

太刀が幾度となく満月のような弧を描き、振り回される。

「く・そぉ・・はや・・・い・・・・・!!」

ジンは右腕の猛攻に対し、感覚的に受け太刀することしか出来ていなかった。

すでに刀の右腕の動きに目はついていっていなかった。

「う・・・おぉっ・・・!!!」

受け太刀した体勢のまま、また吹き飛ばされるジン。

雪に叩きつけられ、動けないジンに向かって、躊躇なく大槌の左腕が伸びる。

レイが素早く矢をつがえる。

ギリギリと、細い腕が今にも折れてしまいそうなくらいに引き絞り、放つ。

先程の速さの比ではない。


タイロウヤザミの動きが一瞬止まった。

吹雪さえ裂くようなたった一本の矢が、タイロウヤザミの腕の付け根辺りをかすめ抜けた。

その一瞬を、ゼロは見逃さなかった。

「うぉらあぁぁあ!!!」

洗練された鉄(くろがね)が、大槌の左腕にぶつかり火花を散らす。

甲殻はいくらか砕けたものの、両者はびくともしない。


「・・・・・っ!!!」

今度はゼロが、ハンマーが地面に埋まるほど叩きつけられる。


ゴーストも頭殻を破壊すべく後方に回るが、

頭殻はまだ新しく風化が進んでおらず、破壊には至らない。


タイロウヤザミは標的をレイに変えた。

レイは矢を引き絞りながら横走りのように動き出すが、

相手は巨体にもかかわらず、スピードは他の甲殻種を圧倒するものだった。

瞬時に照準を合わせ矢を放ち続けるものの、甲殻にはじかれるばかりだった。

しかも気づけばレイは次第に距離を詰められていた。


やっと立ち上がったゼロが叫ぶ。

「逃げることに専念しろ!!こっちに!!」


その時だった。

「きゃあぁ・・・」

タイロウヤザミの口から出された氷混じりのブレスが、レイに直撃する。


飛ばされるレイ。空が舞う。


・・・・・・ドサッ。


レイを受け止めていたのはジンだった。

ゼロはジンとゴーストが走っていたのに気づかなかった。

「ゴースト、前は頼む!!」

ジンはレイをその場に優しく置き、そのままタイロウヤザミの後ろへ廻り込む。


「うおおぉ・・・・・・」


雪山は吹雪に包まれていた。


Chapter5-6『吹雪に大老』につづく
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://browersfestival.blog97.fc2.com/tb.php/121-36f87f50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。